スタッフブログ|佐野歯科 北千住駅「西口」から3分の歯医者

診療時間
9:00~19:00
休診日
日・祝

03-3881-0970

キービジュアル

歯周病のお話です。/北千住の歯医者さんのお話

2016年10月29日

かつては歯槽膿漏といわれていた歯周病は、日本人の30~40歳代の80%以上が罹患している国民病です。この歯周病はむし歯のように歯を溶かしてその形を壊すのではなく、歯を支える周囲の骨や歯根膜などの周辺組織を壊していく病気なのです。

sishuubyou2

【  原因はプラークだけ?  】

歯周病の原因はむし歯と同じプラークです。このプラークが歯のまわりに付着してしばらく経つと菌が増殖し、歯肉や歯を支える骨などに次第に攻撃するようになります。このプラーク耳かき1杯の中に微生物が30億匹以上棲んでいます。厄介なことにプラークは歯ブラシなどで取り去らなければどんどん増え続けていくのです。

このプラークが歯周病を引き起こすわけですが、そのほか、遺伝的にかかりやすい体質の人や喫煙やストレス、食べ物の好みなどが複雑に関わりあっています。なのでプラークだけを取り去るだけでは完治しにくいのです。糖尿病、心臓病、高血圧や肥満などの生活習慣から来る病気にたいしての改善も必要なのです。

歯周病の初期段階の歯肉炎

健康な歯と歯肉の境目にプラークが付着すると歯の周りに炎症を引き起こします。歯肉炎です。歯肉が赤く腫れたり、触ると少し血が出たりします。この歯肉炎の段階でプラークを歯みがきで磨き落とせば健康な歯肉に戻すことができます。しかし、放っておくとプラークは唾液や血液と結びついて歯石になります。歯石は歯ブラシで取ることはできないです。歯医者さんの専用の器械で初めて除去する事が可能になります。

やがて歯肉炎は歯周炎に 】

歯肉炎をさらに放っておくと歯周炎へと病気は進んでしまいます。歯と歯ぐきの隙間には歯周ポケットと呼ばれる隙間が形成され、そこにプラークが入り込んで歯石を作り炎症が拡大します。炎症が進むにつれて歯の周りを取り囲んでいる骨が溶け、やがて歯はグラグラし始めます。さらに歯周炎が進みますと歯肉からの出血や排膿、口臭などが顕著になってきます。

歯周炎を放置した先には。。。

腫れを繰り返しても痛み止めを飲んだりして何の手立てもしないで歯周炎を放置した歯肉は、熟れすぎたトマトのようにジュクジュクになっています。もはや歯槽骨と呼ばれる歯を支えていた骨は溶けての最後は何かの拍子に抜けてしまうのです。それも1本ではなく、将棋倒しのようにバタバタと痛みも無かったりして。揺れには気が付いていても延ばし延ばししたのツケは、大切な御自身の歯の喪失という、もう二度と戻ることはできない事実を我々に突きつけるのです。こうならないためにも、綾瀬付近、北千住の佐野歯科医院では歯周病の予防に取り組むことを真剣に推進しております。

sishuubyou1

歯の根の病気のお話です。/北千住の歯医者さんのお話

2016年10月18日

むし歯で歯に穴があいたのを放置したまま我慢していると、いつの間にか痛みがなくなってしまいます。でもこれは治ったわけではありません。むし歯は自然治癒することはありません。実はあなたの歯は放置していたために根の先の病気になっているかもしれないのです。

haita1

【 きっかけはむし歯 】

むし歯はプラークが歯の表面に付着して、ある一定の時間留まることで歯を溶かして(脱灰)穴をあけて、歯がボロボロになっていくことをお話ししました。むし歯が進行していくと歯髄に届きます。歯髄組織の中にさまざまな病原菌がひとたび侵入して来ると歯髄組織に炎症が起こるため、歯髄組織中の神経が悲鳴をあげて、歯がシクシク、またはズキズキと痛みます。生きている歯髄が苦しんで、助けを求めている証拠なのです。なぜなら歯髄組織は、根の先の穴から歯根膜やその先の脳とつながっていて、痛みの情報を脳に伝えているからです。

しかしそれを放置したままにしておくと、歯髄は病原菌に侵され死んでしまうのです。やがて神経組織は腐り、歯髄組織だったところが病原菌だらけの巣になってしまいます。さらに病原菌は歯根の外へ出てさらに巣を作り、根の周りの歯根膜や骨を溶かしはじめます。根尖病巣の中身は白血球の死骸である膿や壊された周囲の組織の残骸、病原菌などです。この病巣は放置しているとしだいに大きくなっていきます。かんだときや歯の根のあたりを押すと、痛んだり、膿が出てきたりして不調を訴えるようになりますが、慢性化しているので大きく痛んだりはしないかもしれません。しかし時として膿が出ることができなくてかんだときや何もしないでも激痛が生じるようになり、歯医者さんに駆け込むことになったりします。

【 根の病気の治療法 】

これら歯の根の先の病気を治すには、まずむし歯を取り除くとともに、ばい菌によって腐ってしまった汚染された歯髄をきれいに掃除して、歯の中を病原菌のいない清潔な環境に変えてあげる必要があります。病気が進みすぎると、歯ぐきを切って膿を出したり病原菌を撃退するために化膿止めの薬を飲んだりすることもあります。北千住の佐野歯科医院では、これら根の先の病気にならないための予防歯科を推進しております。また不幸にも根の先の病気にかかられました方には、根管治療を行いながら少しでも痛みを和らげられるよう心がけて診療いたしております。

 

rct1

齲蝕って何❓/北千住の歯医者さんのお話です。

2016年10月14日

最初、歯の表面の溝付近に穴があき、やがて穴はどんどん深く広がっていきます。すると徐々に冷たいものや熱いものがしみるようになります。最後には眠れないような激痛が走り、水を口に含んだ方が楽になるような状態になり、やがて歯はぼろぼろと崩れはじめていきます。これが、齲蝕(むし歯)です。

硬いはずの歯の表面なのに、どうしてこんなことになるのでしょうか?なにやらプラーク(歯垢)が悪さしているようです。

%e3%81%86%e8%9d%95%e9%80%b2%e8%a1%8c11

 

歯を溶かすプラーク

プラークは、歯に付着した細菌などの微生物の塊です。そして、むし歯菌と呼ばれているストレプトコッカスミュータンス菌〈ミュータンス菌〉が酸を産生して、歯の構造からカルシウムイオンやリン酸イオンなどの硬い成分を徐々に奪う働き(脱灰)をするのです。この脱灰現象がひとたび起こると、硬い緻密な歯の表層のエナメル質の構造が崩れてやがて穴になっていきます。つまり、プラークが歯に付着することからむし歯は開始されているのです。

4つの輪

では、誰の口の中にも必ず齲蝕はできるのでしょうか?いいえ、そうではありません。むし歯が作られるには、次の4つの要素の条件を満たすことが必要だということが知られています。1まずはショ糖が口の中に存在すること。2次にミュータンス菌をはじめとするむし歯菌が口の中にいること。3さらに歯があること。そして最期に、4歯が脱灰されるための時間があることです。このどれが欠けても、齲蝕にはならないのです。

むし歯予防の秘訣とは⁉️ 】

簡単にいえば、これら4つを同時に重ならないようにしてあげることです。たとえばショ糖を含む食べ物や飲み物を摂らなければプラークが作られることはなく、むし歯もできません。また、ショ糖をたくさん摂って歯の表面にプラークが作られても、脱灰がおこる前に、歯みがきなどでプラークを取りきってしまえば、それ以上むし歯が進むことはありません。言い換えれば歯ブラシの毛先でむし歯菌の巣であるプラークを破壊し、むし歯ができやすい環境をこわしてしまえばむし歯は予防できるのです。近年、むし歯菌そのものを減らす3DS療法なども開発されております。これらを踏まえ、北千住の佐野歯科医院では、これら3DS療法やブラッシングの効果的使用法の紹介をはじめ、患者様ひとりひとりに合った むし歯予防を提案し、予防歯科を推進しております。

hamigaki1

プラークって何❓/北千住の歯医者さんのお話です

2016年10月9日

私たちの歯を失う原因の90%以上は、むし歯と歯周病によるものです。この歯科の2大疾患の原因はプラークです。バイオフィルムまたは歯垢などと呼ばれております。

これら歯垢の正体は、歯の表面に付着する細菌の固まりです。うすい黄白色くネットリした感じで、歯をみがかないでいると、1日で歯の全面を覆うようになります。

【 プラーク中に存在する細菌数は? 

プラーク1/1000g中には、1億を超える細菌が棲みついています。例えて言うなら、スプーン1杯の砂糖が約1gですので、その1000分の1の量の中に、日本の人口と同じくらいの細菌が棲みついているようなものなのです。この細菌たちは、もともと舌や粘膜や歯肉および唾液などに潜んでいたのですが、より居心地のいい環境を探して移り住んできたのです。

%e3%82%89%e3%81%9b%e3%82%93%e7%8a%b6%e8%8f%8c1

【 プラークのでき方 】

歯の表面は歯ブラシをしてもその直後に、唾液由来の成分である糖たんぱく質のペリクルが、すぐに薄い皮膜を作ります。この皮膜に齲蝕などの原因となるストレプトコッカスミュータンス菌などがくっつきます。その後ミュータンス菌は虫歯を作り、その後次々と凶悪な細菌(悪玉菌)たちが侵入して増えてきます。この悪玉菌たちからできているプラークは歯周病の原因となります。歯肉を腫らし、血や膿を出したり、歯を支えている骨を溶かしたりします。またプラークは、抗生剤や唾液の中の抗菌成分の攻撃が内部に及ぶのを防御する、いわゆるバイオフィルムとなります。

【 プラークを取り除くには? 】

ブラッシングが一番効果的です。歯ブラシの毛先で細菌たちの巣を破壊し、掻き取ることが大切です。また甘い物の入っているやわらかい食べ物は避け、繊維質の野菜などを積極的に食べてプラークの付着を防ぎましょう。北千住の佐野歯科医院はプラークの付着をさせないような効果的な歯みがき指導をはじめとする予防歯科を実践しております。

yobou1

舌のお話です❣️/北千住の歯医者さんのお話です。

2016年10月5日

phm06_0019

みなさんのお口にもある舌。風邪をひいてお医者さんに一度は“あっかんべー”したりしたことがあると思います。今回はお口の真ん中にあってあらゆるところに自在に動かせる舌についてお話しします。

 

舌の働き

舌と言っても呼び名が場所によって違います。一番先の部分を舌尖、前のほうの3分の2は舌体、そして後ろの根元の部分を舌根といいます。舌は1.食べ物の味を感じること2.食べ物を食べ、嚙み砕き、それを飲み込んだりするときの補助の役目そして3.話をするときに、正確な発音をするなどの働きがあります。

味覚の仕組み

どうやって舌は、味を感じることができるのでしょうか?

私たちのふだん感じている味覚とは、大きく分けて塩味、酸味、甘味、苦味、(旨味)の5種類があります。そして、私たちの口の中の粘膜の表面には、味蕾という、これらの味を感じる細胞があり、舌の表面にとくに多く集まっています。そして舌の味蕾の中の味細胞が、水に溶けた味のある物質の情報を受け取り、それが味覚神経を通じて脳に伝えられ、“味”として認識されるのです。私たちの舌では、旨味をのぞいた4種類の味を、それぞれ感じる場所が異っています。つまり、甘味は舌尖部、苦味ち舌根部、酸味は舌の縁の部分、塩味は舌の表面の前方部で感じます。このように、舌は、食べ物や飲み物の味を分析するセンサーの役割を果たしているのです。

舌の運動

生まれて間もなくの頃から、おっぱいをしゃぶったり、母乳を吸うとき以来、私たちの食事の際に舌は休みなく動いています。食べ物を、噛む側に押しやったり、のどの奥に運んでは飲み込むきっかけを作ったりしますね。これらは舌が筋肉の固まりで、その形態を思うように変形できるからです。また、発音するときにも、舌は無くてはならない存在です。英会話はもちろん日本語でさえも舌が無くては話せません。このように舌は私たちの日常生活においてとても大切なパートナーなのです。

an178_l

唾液のお話です。/北千住の歯医者さんのお話

2016年10月2日

レモン

みなさんは、レモンや梅干しを見たり、思っただけで口の中に唾が出てくる経験をされたことが一度はあるんじゃないでしょうか?

 

唾液の働き

唾液は、僅かに白く濁った粘り気のある液体で、ph6〜8程度で99%以上は水分です。

役割は、1.まず食べ物をのみこみやすくし、消化を助けます。2.ほっぺたや舌を動かして、スムーズにしゃべる際の潤滑油の働きをします。3.口の中を洗浄したり4.ばい菌をやっつけて口の中に入り込む外敵から体を守る作用があります。

唾液の出口は、口の中の歯肉に無数に存在しています。唾液の出る量によって分れていて、たくさん出るのが大唾液腺、少ないものを小唾液腺と呼んでいます。

大唾液腺は、耳下腺、顎下腺、舌下腺の3つがあります。耳下腺は耳のてまえ、顎下腺は左右の顎の下舌下腺は舌の下にあります。この大唾液腺で唾液は作られて、導管という管を通って口の中に出てきます。大唾液腺からの唾液の出る場所は決まっていて、耳下腺からの唾液が出る穴は、上の奥歯である第二大臼歯のほっぺた側に左右1箇所づつあります。また、顎下腺・耳下腺からの唾液の出る穴は、舌の下側にあります。

小唾液腺は歯肉や舌、粘膜のいろいろな場所にあり、大唾液腺ほどではありませんが、唾液を分泌しています。

食べ物が口に入ると口の中のセンサーが働き、唾液の量が増え、歯が食べ物を細かくすることに役立ちます。また、食べ物の中の成分が唾液に溶けたりして、それが舌の上の味細胞に働きかけ、いろいろな味を感じることができるのです。

唾液の成分でも重要なものは、食べ物を消化する酵素と抗菌物質と呼ばれる、細菌を殺すことのできる抗体があります。動物たちがお互いに傷口をなめあったり、私たちが指などを傷つけると、つい傷ついた場所を口に運んでなめてしまうことがよくありますが、これは唾液の中に傷が化膿しないように働く抗菌物質があることを、本能的に知っているためなのかもしれません。

唾液の中にはアミラーゼという、でんぷんを分解する酵素が含まれています。おコメなど長く噛んでいると、なんとなく甘く感じるのは、アミラーゼがでんぷんをマルトースやグルコースなどの糖分に変えるからなのです。つまり、食べ物の消化は、胃や腸へ行く前に、すでに口に入ったときから始まっているのです。

さらに、唾液には口の中を洗い流して、歯や歯ぐきに食べ物のかすなどが溜まらないようにする自浄作用があります。実際には齲蝕(むし歯)や歯周病の原因であるプラークは、強い力で歯にべっとりとくっついているので、自浄作用があまり効いていないかも知れません。唾液の働きを過信せず、歯みがきをしっかりすることが大切です。

gennki

北千住の佐野歯科医院では唾液の検査を通じ、患者様一人一人の虫歯や歯周病のリスクを判定する方法を用いて、患者様に合った予防歯科を提供いたしております。

個別相談

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

このページの先頭に戻る