銀歯を白く|前歯の治療|佐野歯科 足立区北千住駅すぐの歯医者

診療時間
9:00~19:00
休診日
日・祝

03-3881-0970

キービジュアル

「詰め物・被せ物」の種類はたくさんあります。
その中でも当院では、「身体の健康」に焦点を当てた素材を利用しています。

また治療法に関しても「歯・身体の健康」を意識した治療に取り組んでいます。

「歯、そして身体の健康」に関心のある方。
是非、このまま読み進めてください。

「歯・身体の健康」に焦点を当てた当院の詰め物・被せ物治療

冒頭にもお伝えした通り、当院では「歯、そして身体」の健康に焦点を当てた治療を行っています。それぞれを具体的にお伝えする前に、なぜ当院が「健康」に関してこだわりを持って治療を行っているかをお伝えさせて頂きます。

当院が「健康」に焦点を当てた歯科治療を行っている理由

皆さんご存知でしょうか。
歯を治すために行った歯科治療の影響で、よりいっそう歯が悪くなってしまうことがあることを。そして、時には歯のみならず、身体の健康にまで害がおよんでしまう場合があることを。

下の画像を見てみてください。
これは銀歯で治療した部分に虫歯菌が入り込み、再治療になったケースです。
一見、外から見ると何でもないように見えますが、銀歯を外してみると中が虫歯になっていることが分かります。

治療前治療後

これは銀歯とご自身の歯の間にある「隙間」から虫歯菌が入り込み虫歯を内部で進行させた症例です。再治療になることで、最初よりも大きく歯を削ることになり、どんどんご自身の歯が少なくなっていきます。最初から再発を防ぐ取組みをしっかりしていればこうなることを防げたでしょう。

また、次の画像はお口に入れた「金属」の詰め物・被せ物が原因で「金属アレルギー」になってしまった症例です。

金属アレルギー

金属が肌に触れることで、かゆみが出たり皮膚がかぶれたりする「金属アレルギー」。
対策として金属製のアクセサリーを身につけない方がいらっしゃいます。
しかし金属アレルギー症状は、金属が肌に触れることだけで起こるものではありません。
金属の詰め物や被せ物が溶け出し、体内に取り込まれることでも起きてしまうのです。

また、この金属イオンが歯茎に沈着し見た目を悪くしてしまう事もあります。それが下の画像です。

  • 金属イオンが歯茎に沈着
  • 金属イオンが歯茎に沈着
  • 金属イオンが歯茎に沈着

このように、本来、悪い部分を改善させるための治療が、実は、歯の健康、そして身体の健康までも、よりいっそう害してしまう事もあるのです。

治療したのだから、治療前よりも良くならなければならない。

院長

これは患者様が考える当然のことであり、当院も当然のことと考えています。

そのため、当院では「歯の健康」そして「身体の健康」を第一優先とし、それに基づいてすべての治療を行っております。

次節では、当院が「歯の健康・身体の健康」を達成させるために、具体的にどのような取組みを行っているのかをご紹介させて頂きます。

健康、かつ審美的な治療を実践するための当院の取組み

下記興味のあるボタンを押して頂き内容をご覧ください。

01.「身体に優しい素材」を厳選しご提案いたします

カウンセリング

詰め物・被せ物は、「素材」により様々な種類のものに分かれます。
それぞれの素材には特徴があり、当院では歯、そして身体に優しい素材を厳選して患者様にご提案しています。当院で利用している素材の一部をご紹介します。

ジルコニア

ジルコニア

ジルコニアは、「人工ダイヤモンド」とも呼ばれ、セラミックのなかでも一番優れた審美性・耐久性を誇ります。また、身体に優しい素材(陶器)ですので、保険適用の銀歯のように金属イオンが体内に流出する危険性がありません。そして高い耐久性を併せ持ちますので、食いしばりの強い方にもお勧めです。
芸能人の多くがこのジルコニアを利用しています。

オールセラミック

オールセラミック

オールセラミックは天然歯のような色合い、そして強度を持ちます。金属を一切使用していないので、体に非常に優しい素材です。ジルコニアと比べ耐久度は若干落ちます。

ゴールド

ゴールド

ゴールドは金属の一種ですが、銀歯と異なり、非常に体に優しい素材となります。他の素材と比べ最も歯との適合が良く、2次カリエス(むし歯による再治療)になりにくいのが特徴です。また、貴金属の割合が高い金属を使いますので、金属の溶け出しによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性が低くなります。

グラディアダイレクト

グラディアダイレクト

身体に優しい白いプラスチック素材とセラミック素材を融合した材料を利用します。主に「詰め物」で利用します。もちろん金属を利用していませんので金属アレルギーの心配もありません。他の「詰め物」と異なりゲル状の素材となりますので、自由に形を作ることができ、かつ、歯を削る量も最小限に抑えることが出来ます。来院回数も1回で済みます。

ラミネートベニア

ラミネートベニア

身体に優しいセラミック素材を利用します。
主に「」「大きさ」「」「すきっ歯」などの審美的な改善で利用します。もちろん金属を利用していませんので金属アレルギーの心配もありません。治療方法は、改善したい歯の表面を少し削り、そこへ薄いセラミックのシェルを貼り付けるというものです。女性の方は理解しやすいかと思いますが、つけ爪のようなイメージです。

02.「歯を守る治療法」の選択

診療

歯科治療自体、どうしても歯を削りますので、歯の寿命を縮めてしまうことになります。しかし、歯を削る量を最小限にし、かつ、再治療にならないような処置をすることで可能な限り歯の寿命を延ばすことが出来ます。当院で行っている「歯を守る治療」の取組みをご紹介いたします。

取組み1 「初期治療」の徹底~問題のある部分をまずは改善

当院では、すぐに詰め物・被せ物の治療に入ることは致しません。

患者様のお話をお伺いし、診査診断を徹底することは当然ですが、お口の状態が悪い場合(むし歯・歯周病)は、まずその改善から行います。

家を建てる時をイメージして欲しいのですが、まずは地盤の基礎工事をしてから上物の組み立てに進むと思います。これは歯科治療も同じです。

詰め物・被せ物が入る土台となるお口の状態をしっかりと整備しなければ、すぐに取れてしまったり、場合によっては虫歯や歯周病が進行し再治療になってしまうことがあるためです。

症例

右の症例は初期治療をしっかり行わなかったため、もともと存在していた歯周病が悪化し、歯と歯肉の隙間が生じてしまい審美性が損なわれてしまった他院での症例です。

白い詰め物・被せ物を利用した治療は一般的には「審美性を獲得するための治療」というイメージがあります。患者様もこれを第一の目的とされる方が多いので、「すぐに治療して欲しい!」という要望があります。このご要望は理解できます。

しかし、患者様に考えて頂きたいことがあります。
一時の美しさを獲得したいのか」もしくは「長期的に安定した美しさを獲得したいのか」を。

患者様の「すぐにでも綺麗な歯にしたい!!」というご要望は切に感じています。
しかし、医療に携わる人間として、すぐにダメになってしまう治療はしたくありません。
この点をご理解いただけたらと思います。

取組み2 可能な限り「神経を除去せずに」治療

歯の神経

歯の神経を抜くとどのようなデメリットがあるかご存知でしょうか。

歯の神経は歯に栄養を与える役割がありますので、神経を抜くことで歯には栄養がいかなくなり、枯れ木のような状態になります。
そのため、歯がもろく欠けやすくなってしまうのです。

それだけではなく、細菌への抵抗力も下がり、虫歯が進行しやすくなり、抜歯になってしまうこともあります。

つまり、神経を抜くことで、歯の寿命が縮まってしまうのです。

せっかく高額な治療費を払って歯を治療したにも関わらず、虫歯になり歯を抜くようなことになってしまっては、本末転倒です。

当院では可能な限り神経を抜かない治療を心掛けています。

取組み3 歯と被せ物との間に「隙間」を生じさせない取組み

マイクロスコープ

歯と被せ物の間に可能な限り「隙間」を生じさせないことは、「長持ちさせる」という意味で非常に大切になります。なぜならば隙間があると、その部分から虫歯菌や歯周病菌が入り込み、詰め物・被せ物の内部でそれらが進行してしまい、再治療になってしまう可能性が高まるためです。

そうならないためにはどうすればいいか。
それは、すべての治療工程で「精密」な治療を行う事しかありません。

この「精密」な治療を行うために当院が利用しているものが「マイクロスコープ」や「ルーペ」と呼ばれる歯科用顕微鏡です。肉眼の何倍も視野を拡大してくれる装置です。これを活用することでミクロン単位での治療が可能となり、可能な限り歯との隙間をなくすことが出来ます。

下の画像は肉眼での視野と、マイクロスコープ使用時の視野の比較となります。
どちらの方が精密な治療ができるかは一目瞭然ですね。

肉眼での場合
マイクロスコープ使用の場合

取組み4 噛む力を分散させる精密な「咬合調整」

「咬合」というと難しく感じますが「噛み合わせ」のことです。
少し専門的な話になってしまいますが、「咬合」は歯科治療をするうえで非常に重要となります。

噛み合わせがおかしくなるとどのようになると思いますか?

代表的なもので「不定愁訴」と呼ばれる頭痛・肩こり・腰痛などがあります。
その他、噛み合わせが悪くなることで一部の歯に過剰な力が加わり、歯並びが崩れることもありますし、それが原因でブラッシングがしにくくなり、結果、虫歯・歯周病になってしまう事もあるのです。

これらを防ぐため、当院ではその方に合った噛み合わせの調整にかなりの時間をかけます。具体的には「仮歯」を活用したプロビジョナルという工程を踏みます。

簡単に説明しますと、初期検査で取得した情報をもとに「仮歯」を作成します。
それを患者様のお口の中に装着し、お口に合った歯の最終形態を模索していきます。
この仮歯は、歯が無い期間をなくすためだけに装着するものではありません。
次のような目的を達成するために行う重要なステップでもあります。

これら全てを、事前に検証することで、「本当に美しく仕上がるのか」「噛み合わせは適切か」「しっかり噛むことができるのか」「長期間機能するものであるのか」などを把握でき、不具合がある場合は随時改善していきます。

院長

ここで皆様にお伝えしたいことは、このような事前の検証を一切せずに、歯科治療を行う事はNGであるということです。そのような治療法は「運だめし」と同じことで、治療とは呼べません。

しっかり、仮の歯で事前検証をし、問題が見つかれば随時改善していく。この過程を踏むことで、初めて理想の詰め物・被せ物が完成します。

03.当院が考える「美の基準10

単に白く綺麗な人工歯を作るだけが審美歯科治療ではありません。
当院では、次の10の基準に基づき、審美歯科治療を行っています。

歯の形態イメージ
歯の形態
歯の形態1つで口元のイメージが変化します。カウンセリングで得られた情報をもとに、形態を決定します。
顔貌との調和イメージ
顔貌との調和
体の中心ラインを「正中線」というのですが、この線に上下の歯の中心が合わさることで顔貌と口元のバランスが取れることになります。
唇との調和イメージ
唇との調和
笑ったときの上の歯の縁を線で結んだライン。
緩やかな弧を描くほど女性的な魅力が高まり、水平になるほど男性的な印象になります。
歯の特徴付けイメージ
歯の特徴付け
歯は皆さんが想像されている以上に複雑な形をしています。この形に近づけることにより天然歯と見分けがつかない歯が出来上がります。
性別イメージ
性別
男性・女性で理想とされている歯の形というものがあり、その中でもさらに細分化されます。あとでご紹介します。
肌の色イメージ
肌の色
肌の色とバランスをとりながら、美しく見える色の濃淡・深み・明度・彩度を微調整していきます。
年齢イメージ
年齢
個々人の好みによって変化しますが、一般的には年相応の歯の形・色が存在し、それに近づけることで自然な口元を演出します。
バリエーションイメージ
バリエーション
審美歯科治療で用いる素材は様々なものがあります。お口の状態・患者様の理想によりそれらを使い分けます。詳しくは料金表をご覧ください。
歯の配列・位置イメージ
歯の配列・位置
形・色だけでなく、お口全体のバランスを考えた人工歯の配列・位置も大切となります。
相対的歯冠長イメージ
相対的歯冠長
黄金比率(1.6、1.0、0.6)に基づき、配列を計算しながら治療を行うことで、バランスのとれた整合性のある形を追求します。

色々とありますが、要はこれらすべてを考慮することで、はじめてあなたに調和した、そしてオリジナルの歯が出来上がります。

歯は皆様が思われているよりも「個性」があります。
そして、その個性を最大限表現することで、あなたの理想の口元に可能な限り近づけることもできます。

分かりやすい例として「歯の形・大きさ」でご説明します。

ナチュラル型

ナチュラル型
日本人に多いタイプで、前歯の先端が直線上にある歯と、ない歯とが混在しています。最も無難で自然な歯並びです。口を小さく見せる効果もあり、若々しい印象を与えます。

ストレート型

ストレート型
白人に多いタイプの歯並びで、前歯の先端がすべて直線上にあるので、口元をくっきりと強調することができます。

クローズ型

クローズ型
日本人の女優さんに多いタイプの歯並びです。前歯の先端はすべて直線上にありますが歯と歯に多少の重なりがあることが特徴です。出っ歯を治したい人、女性的な印象をもっと強調したいという人に向いていると言われます。

スマイルライン型

スマイルライン型
下唇のラインと前歯のラインが平行になっているのが特徴です。世界的に好まれる並びで、ハリウッドスマイルとも呼ばれています。

このように「歯の形」「歯の大きさ」の微妙な違いによって、その人の印象を変えてしまう事があります。当院では、このようなことも考慮した上でのご提案・治療を行っております。

個別相談

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

このページの先頭に戻る