精密インプラント治療|佐野歯科 足立区北千住駅すぐの歯医者

診療時間
9:00~19:00
休診日
日・祝

03-3881-0970

キービジュアル

当院では「歯を残すこと」を最重要視しております。
そのため、インプラント治療は最終手段と考えています。

一番大切なのはご自身の歯。
それ以外はすべて非天然歯。

しかし、インプラントがどうしても必要になった場合は、
CT撮影・シミュレーション」「安全・長期安定」「患者様の負担軽減
をコンセプトに責任を持って当院が担当させていただきます。

インプラント治療に関する当院の考え

インプラント治療は、歯を失ったところを回復する治療としては、現在の歯科医療で実現可能な最先端の治療方法であるといえます。

ブリッジや入れ歯と異なり周囲の歯に負担をかけることもなく、見た目にもほとんど自分の歯と区別がつきません。

また、しっかりメンテナンスを継続することで10年経過後のインプラントの残存率は95%以上と、他の治療方法と比較しても圧倒的に成功率の高い治療法であり、インプラント治療が現在の歯科医療を大きく変えたといわれているほど画期的な治療方法であるといえます。

院長

しかし、当院では何が何でもインプラントをお勧めするスタイルはっておりません
治療期間、費用、外科の有無、年齢等を考えた際、患者様によって「適切な治療法」は異なるためです。

まずは患者様とたくさんお話しさせて頂き、その方の「適切な治療法」をご提案させて頂きます。その際に、「インプラント」が適切と、患者様も私たちも判断した場合は、責任をもって治療を致します。

また当院では、すべての患者様にすぐにインプラントオペを実施することはしておりません。まずは基本検査である、X線検査、細菌検査、唾液検査、全身疾患の有無等をクリアした人のみ行いますので、この点、事前にご了承願います。

次節からは、当院で行うインプラント治療に対する3つのコンセプトである、「CT撮影・シミュレーション」「安全・長期安定」「患者様の負担軽減」を順にご紹介いたします。

01. 安全でクオリティーの高いインプラント治療のために
CT撮影・シミュレーションの利用

インプラント治療を成功させるためには手術前に正確な情報を得てシミュレーションを行い、正確で安全な手術を行う事が重要です。しかし、従来のインプラント手術は歯科医師の経験や勘に頼った部分が多くありました。

そこで当院では、CTやシミュレーションソフトを活用し、正確なデータに基づく治療を実践しています。

CT装置の活用
従来のレントゲンでは見えなかった部分の確認が可能に

CTとは、立体的(三次元)に骨の状態や神経の位置を把握できる特殊な撮影装置です。
二次元のレントゲン(歯科医院にある通常のレントゲン)では見えなかった事、分からなかった事が、歯科用CTなら正確な診査と診断ができ、安全性と治療のクオリティーを高めることが可能となります。

CT装置CT画像

医療において「見える」「見えない」は治療クオリティーに大きな差が出ます。ましてや外科手術を伴うインプラントにおいてはなおさらです。

シミュレーションソフトの活用
事前に知るべき正確な情報をすべて把握

CT画像をシミュレーションソフトに取り込むことで更に「安全・確実」な治療が実現できるようになりました。

インプラントを成功させる為に一番重要な事は、いかに正確な情報を手術前に取得できるかにかかってきます。これを可能にしてくれるツールがシミュレーションソフトです。

シミュレーション

シミュレーションソフトを簡単に説明しますと、今までは実際に手術をし、歯ぐきを切開してみなければ分らなかった事が、手術前に分ってしまうことが特徴的です。
骨の厚さや神経、血管の位置などですね。
これが事前に分ることで、手術前に様々なシミュレーションが可能になります。
どの部分に、どの方向に、どのくらいの深さまで、どのサイズのインプラントを埋入するだとか、ここには神経、血管が走っているので、避けてインプラントを埋入しようなどです。

02.「安心・長期定着」させる治療システムの確立

近年インプラントを埋入するだけであればどの歯科医院でも簡単に行えるようになってきました。しかし、長期間にわたりインプラントを機能させ続けるという点においては、まだまだどの医院でも対応できるものではありません。なぜなら、治療技術はもちろんのこと、定期メンテナンスの徹底、衛生管理、設備投資などが必要となるためです。

当院では、インプラント治療を安全で、確かなものにし、そして可能な限り長く持たせていくための設備を整えております。

手術が一回で完了。治療期間が短い「AQBインプラント」の利用

AQB

インプラントには数十種類のメーカーが存在しており、それぞれ実績・特徴・信頼性など、全く異なります。当院では、国産で信頼の置けるAQBインプラントを使用しております。このインプラントメーカーを当院が選択した理由をご説明します。

理由1. 「短時間」で手術が終了

非常にシンプルな術式を採用しているため、手術時間は他のメーカーと比べて短時間で終了します。患者様の精神的・身体的負担を最大限軽減できます。

理由2. 「細菌感染リスク」の軽減

以前まで主流だったのが、インプラント体とアバットメント「分離型」のインプラントでした。しかし、分離型の場合、接続部から細菌感染が起こってしまう可能性がありました。AQBインプラントではインプラント体とアバットメント体が一体となっているため、(接続部分が存在していない)細菌感染のリスクが非常に少なくなります。

理由3. 「治療期間」の短縮

AQBインプラントは、「再結晶HAコーティング」という技術を採用しています。簡単に言うと、ハイドロキシアパタイトという物質をインプラント体にコーティングすることにより、早期に骨と結合させる技術です。他のインプラントメーカーと比較して、骨に結合するのがとても早く、結合した後も高い信頼性があります。(これで特許を取得しています)。
そのため、ほとんどの場合、インプラントオペ後、2カ月たてば、人工歯(上部構造)を接続し、治療が完了します。

アフターフォロー

歯科衛生士

インプラントを埋め込む手術はそれほど難しいものではありません。一番大切なのは、インプラント手術後のアフターフォローです。これを疎かにしてしまうと「インプラント周囲炎」という病気になってしまいます。当院では、国際歯周内科学研究会認定医・衛生士がメンテナンスを担当させていただきます。

衛生管理

滅菌画像

院内の衛生管理状態がインプラント治療の成否を分けます。当院では手術前に1時間かけてオペ室をクリーンな状態にし、徹底した衛生管理を実施しております。

保証期間

保証

当院では、インプラント治療に保証期間を設けております。インプラント体5年、上部構造5年も保証を行っておりますので安心です。

03.医師としての説明責任、カウンセリングを重視

カウンセリング風景

冒頭にもお伝えしましたが、インプラント治療は、歯を失ったところを回復する治療としては、現在の歯科医療で実現可能な最先端の治療方法といえますが、すべての患者様にとって最高の治療ではありません

例えば、経済的理由により、インプラント治療が困難な方にとっては、入れ歯を選択されることが、その方にとってベストという場合もありますし、手術がどうしても怖い方にとってはブリッジ治療がベストな場合もあります。

そのため当院では、インプラントを第一選択肢とはしておりません
まずは患者様としっかりお話しさせて頂き、患者様のベストを共に模索していきます。

医療とは私達と患者様とのコミュニケーションからすべてが始まります。
どのようなことでも問題ありません。不安、悩み、理想など、すべてを私たちにお話しください。共に答えを導き出しましょう。

また当院では、すべての患者様にすぐにインプラントオペを実施することはしておりません。まずは基本検査である、X線検査、細菌検査、唾液検査等をクリアした人のみ行いますので、この点、事前にご了承願います。

コラム現在、「総入れ歯」を使っている方へ

現在、総入れ歯を使っている方で、「入れ歯が動いて不快感のある方」「硬いものやひっつくものを普通に食べてみたい方」「入れ歯が落ちたり動くのを気にしないで、思いっきり会話をしたり、笑ってみたい方」にお勧めするのが、MDIミニインプラントと呼ばれるものです。

MDIミニインプラント

MDIミニインプラント(mini direct implant)とは、通常のインプラントに比べてかなり細いインプラントを埋め込み、それを固定源として入れ歯を安定させる治療法です。歯ぐきを切開せずにインプラントを埋め込みますので、ほとんど痛みも無く短時間で治療が終了します。そのため、お年寄りにも負担がかからないので安心して治療を受けて頂くことができます。
特徴1.1回の来院で治療は終了します。
特徴2.麻酔をするため痛みはありません。
特徴3.通常のインプラントと異なり歯茎を切開しません。
特徴4.入れ歯が動かなくなります。
特徴5.入れ歯の脱着が自由です。

個別相談

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

このページの先頭に戻る