スタッフブログ|佐野歯科 北千住駅「西口」から3分の歯医者

診療時間
9:00~19:00
休診日
日・祝

03-3881-0970

キービジュアル

タービン、シリンジ等について/北千住の歯医者さんのお話です。

2017年07月24日

デンタルチェアの中で、歯科医師が使う、歯を削る道具のハンドピースと、歯を乾燥したりぬらしたりする時に活躍するスリーウェイシリンジについて紹介します。

【エアータービン】

キーンという音がするものでよく知られています。むし歯を取り除いたり、歯の形を整えたりする上で欠かせない器具です。この器具の先にダイヤモンドを表面にコーティングしている「ポイント」というものを装着して使用します。空気を圧縮して風車を毎分40万から50万回転という速さで回転させてその回転力でバーが回り歯を削ったりするのです。また削る際には摩擦熱が生じますから、歯の表面を冷やすために水を噴霧したりします。さらにタービンの先にはライトがついていて細かいところもしっかり見ることが出来ます。タービンが開発される前までは、歯を削ることの時間そのものが不可能なことがあったりして大変苦労した時代もあったそうです。そういったことからも、効率的に歯を削ることができることで、患者さんの苦痛も最小限におさえることが可能になったのです。

【マイクロモーター】

この器具は毎分2000から4万回転と、タービンより劣りますが、トルクがあり多様な目的でつかわれる切削器具です。口の中の作業に向いている曲がったコントラタイプと、口の外での作業に向いている真っ直ぐのストレートタイプがあります。コントラタイプは、先のバーやポイントを取り付けることでむし歯の除去や、歯の表面をペーストをつけてみがいたりすることに使います。回転数が低いため、摩擦熱は少ないのですが、タービンと同じく水が出るものもあります。ストレートタイプは、ポイントを付け替えて、歯に詰めたり被せたりする金属や入れ歯のプラスチックを削ったり、みがいたりする際に使います。言うなればタービンがジェット機のエンジンであるならば、こちらはプロペラ機のエンジンといったところでしょうか。

【スリーウェイシリンジ】

空気、水、そして空気+水で作り出した霧を先から水鉄砲のように吹きだす器具のことです。3つの機能があるのでこの名がついています。空気は唾液や血液を口腔から排除するため、水は治療の際の削りかすや余剰な薬液などを洗い流すために用いたり、歯そのものを冷やしたりするためまた霧は同じく洗浄などのために使われます。
以上、紹介した3つの器具は、歯科の治療になくてはならないものであり、これらの器具の進歩が歯科医療の進歩といっても過言ではありません。

個別相談

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

このページの先頭に戻る